経済ニュースで知るスリランカ 〜 2021年11月14日

アーユーボワン!

コロンボの週末の夜。
キングスベリーホテルらしい。ルーフトップ、かな。
戻ってきた、って感じ。

こういうの好きよね、スリランカの人たち。
ウェイウェイ。

スリランカのコロナ関連ニュース

今朝時点、スリランカ国内の
感染者549,500人(前日比 716人増)
死者:13,972人(前日比 22人増)

スリランカのビジネスニュース

11月8日(月)〜 12日(金)の週、コロンボ株式市場(CSE) はわずかに上昇。
株式指数(ASPI)は 10,666.54。前日比 0.2%⤵️、前週末比 0.3%⤴️。

12日(金)の来年度政府予算発表を前に、取引は低調。

為替↓、公式レート。意味なし。。。

2020年の税収は1.2兆ルピー(約6,000億円)。
うち 78% が間接税、18% が法人税、4% がその他(所得税を含む)。

政府はいつも予測歳入額を多めに算出するため、
財政赤字が
当初予測より大きくなる、と批判。

【2021年度の場合】
当初予想歳入:2.03兆ルピー(約1.02兆円)
→ 修正歳入 :1.56兆ルピー(約7,800億円) 23% ⤵️

当初予想歳出:3.59兆ルピー(約1.80兆円)
→ 修正歳入 :3.39兆ルピー(約1.70兆円) 6% ⤵️
   ⬇️
当初予想赤字:1.56兆ルピー(約7,800億円)
→ 修正赤字 :1.83兆ルピー(約9,150億円) 17% ⤴️

バシル・ラージャパクサ財務大臣は、来年度政府予算提出後の11月13日(土)、
公共セクターがスリランカ経済に「耐え難い重荷」になっていると述べた。

【同大臣の発言】
・政府は給与支払いに苦慮しており、142万人の公共部門労働者や公務員の給与は上がらないだろう。
・公共部門の新規採用は定年退職による空席ポストでのみ行うが、公共部門への譲歩として労働者の定年年齢を65歳に引き上げた。
公共部門は急速に拡大し、耐えられないほどの負担になっている。公共部門が国の重荷になっていることを正直に受け入れなければならず、公共部門に利益を与えるために国民からお金を取らなければならない。

【記事中の補足情報】
スリランカの公共部門は、就労できない国立大学卒業生の雇用を拡大。彼らの学費は税金で賄われている。
 大統領は、2019年12月に付加価値税を停止し、53,000人の国立大学卒業生を公共部門に雇用。さらに「グレード8」の学年を終えた10万人を雇用するためタスクフォースを設立。
2020年の税収のうち、86%が公共部門の給与や年金の支払いに充てられた。
・来年度予算では、教員給与に300億ルピー(約150億円)を追加計上。
現在、国民13人に1人が公務員など公共部門の労働者。

Kida
Kida

でどうするの? ですね。
でいつやるの? ですね。

今でしょ。

どっかでナタを振るう前捌き、で発言し続けているのかもしれませんねぇ。知らんけど。

財務大臣が述べた国営企業改革の必要性。
シンクタンク Advocata Institute によれば、
国営企業の負債は年々増加、2020年は総額 1.3兆ルピー(約6,500億円)。

【負債が大きい国営企業(2020年)】
Ceylon Petroleum Corporation (CPC) :3,455億ルピー(約1,728億円)
・道路開発当局(RDA):2,620億ルピー(約1,310億円)
セイロン電力公社(CEB):2,073億ルピー(約1,037億円)
・スリランカ港湾当局(SLPA):1,646億ルピー(約823億円)
・空港運営会社 Airport and Aviation Services (Sri Lanka) Ltd. (AASL):570億ルピー(約285億円)
スリランカ航空:435億ルピー(約218億円)

スリランカ国営企業の実態と改革の必要性への寄稿。

・スリランカでは、財務省監督の国有企業 “戦略的国営企業” が52社、公営企業当局監督の “商業的国営企業” が87社、国家予算当局監督の “非商業的国営企業” が117社ある。国営企業はスリランカ経済の重要な構成要素であり、エネルギー、水、港湾、銀行、保険、輸送、航空、建設など戦略的部門に広く存在している。
財務省によると、”戦略的国営企業” 52社で公共部門労働者の約10%(2019年)を占め、2020年にはその資産が前年比16.6%拡大している。
国営企業による損失の97%は5社が、利益の83%は6社が占める。
*記事中に2020年の主な損益企業内訳のグラフ(図1、図2)あり

・コロナ禍のパンデミックのなか、スリランカ以外の国でも、値上げせずに公益サービスを拡大したり、公的銀行に経済支援指示を出すなどした。これは効率性を高める競争が働かずに歪みの原因となり、経済全体に波及する可能性がある。
スリランカの国営企業も、公益事業、医薬品、銀行、航空などの分野で政府の景気刺激策実施に重要な役割を果たした。これによりコロナ危機の経済財政コストをさらに悪化させた可能性があり、コロナ危機と長引く債務危機からの回復には国営企業の業績管理が重要となる。

2020年の国営企業の純利益は前年比300億ルピー(約150億円)増。一方で国営企業への国家財政支援も50%以上増加して750億ルピー(約375億円)に。国庫支援増が利益を相殺し、国家財政の純マイナスは410億ルピー(約205億円)。
 主要国営企業から政府財源へ支払う税金と配当金も、2020年にはそれぞれ35%減と43%減と大幅減。
・国営銀行はコロナ危機に見舞われた企業支援に、返済モラトリアムや中央銀行による救済制度を実施し、収益性を損なった。
 スリランカ航空、空港運営会社 Airport and Aviation Services (Sri Lanka) Ltd. (AASL)、スリランカ交通当局 (SLTB) などもサービスを継続したが、収益はそれぞれ23%、125%、226%低下。
 一方で、セイロン電力公社(CEB)Ceylon Petroleum Corporation (CPC)  は、2020年の世界的原油安の恩恵を受けている。
・コロナ危機パンデミックのなかでの国営企業のコスト増は、銀行からの借入金増加で説明できる。
 2020年末時点の借入総額は前年比23%増の1.02兆ルピー(約5,100億円)、外貨建借入金の増加が顕著(24%)。

・2019年の国営企業上位20社売上高合計は、CSE の主要20社による S&P SL20指数に属する企業の売上高の約60%に相当。
 しかし同年に国営企業が生んだ利益総額の88%は7社のみからなり、損失の93%は3社のみによる。効率性と収益性の面で改善の余地がある。
・雇用者の定期的なモニタリングと評価による業績管理、取締役会構成の改善、規制当局強化、説明責任と透明性の向上につながる資本市場への上場、株式会社化などにより、効率と収益の改善を図ることができる。

Kida
Kida

国営企業改革関連の記事を連投。
こちらの投稿、提言部分は物足りない、かつ
一つ前 Adovocata の企業情報や数字とズレもありますが、
グラフと個別企業情報が参考になります。

インド🇮🇳でも エアインディア の タタ財閥への売却など国営企業改革の動きが出ていますし、

スリランカでもちょっと機運が出てきたのかも。

IT・ソフトウエア開発大手 WSO2 社は、
ゴールドマンサックス・グループ から 9,000万米ドルの融資を受けたと発表。
WSO2 社はこの資金を ローコード・プラットフォームの開発に充てる。

WSO2 社は創業16年。85か国に750社の顧客を持つ。

Kida
Kida

ゴイスー!
🇱🇰から大きくなった優良IT企業はこうしてスリランカを去っていくんだけど、、、
とちょっと余計な心配も。

人生にはムダも必要、な情報(今日のムダ)

なかなかのパワーワード。

ストゥティ! (ありがとう!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました