経済ニュースで知るスリランカ 〜 2020年12月16日

アーユーボワン!

革命的蚊よけ!(かも)
欲しい!

スリランカのコロナ関連ニュース

今朝の時点で、スリランカ国内の
感染者 
34,121人(前日比 643人増)、
死者 154人(増減なし)。

コロンボ市内の商業施設 ユニティ・プラザ
でPCR検査の結果、PC小売店従業員 6名が
コロナウィルス陽性反応を示した。
同施設は閉鎖され、感染者の経路を追跡。

ユニティ・プラザは、新興不動産企業
Lanka Realty Investments PLC (LRI) 社
「シンガポールの有名 IT 関連商業施設の
「シムリムタワー」のようにする」
として買収を発表した施設。
【参考】12月12日のニュース

スリランカのビジネスニュース

政府は、観光客への国境の正式な再開は
1月中旬からであり、その前段階として、
開放の手続きや運用方法の評価を目的に、
12月26日からパイロットプロセスとして
国境を再開すると確認。

国勢調査統計局は、2020年第二・
第三四半期のGDP成長率を発表。
第二四半期は 16.3%の縮小、
第三四半期には 1.5%の成長。
2020年1〜9月の間は 5.3%の縮小。

2020年のスリランカのGDPについて、
IMF は4.6%の縮小を、
スリランカ政府当局は1.7%の縮小を予測。

【国勢調査統計局の発表】
第二四半期のGDP成長率の縮小は、歴史上過去最大の下落。
第三四半期には、コロナ危機第一波の後、企業活動と国民の日常生活が正常化し、プラス成長率を記録。
・1~9月の間は、ICTと金融を除くほとんどの部門が縮小。

Kida
Kida

発表が遅れていた
第二四半期の成長率が発表。
年間としては IMF の予測に
近い数値におさまりそう。

中央銀行は、2020年11月の
購買担当者景気指数(PMI)を発表。
10月のコロナ危機第二波から回復、
サービス業PMIは引き続き低迷も
下落幅は小さくなっている。

製造業 PMI:2020年10月 40.3 → 11月 57.6
サービス業 PMI:2020年10月 41.8 → 11月 48.8

製造業活動では、新規受注が大幅に増加。特に繊維・衣料セクターと食品・飲料セクターが大幅に改善。
 一方、両セクターからは「需要はあるが、保健ガイドラインの確保から従業員の稼働率が低く、望ましい生産能力での生産活動ができない」との回答もあった。また、コロンボ港の運営の混乱により、サプライヤーからの納期が延び、貨物ルートの変更や出荷遅延などの影響。
・サービス業では依然として低下が継続しているが、10月の水準からは改善。
 金融サービスと保険のセクターでは増加を示したが、卸売・小売業、運輸・宿泊業、飲食業は、11月初のコロナ危機第二波対策の検疫や隔離により減少。
・封鎖地域の労働者が出勤できずに運用が滞る一方、新規採用や契約更新が止まり雇用減少が続いている。

大統領は、電力開発の議論において、
再エネ発電を短期目標を設定して
計画的かつ迅速に実施すべきと述べた。

・先週、北西部マンナールで風力発電所をオープン、ナショナルグリッドに 30MWを追加。
2021年末までに再エネ発電により100MWを拡大する計画で、北部州ジャフナ北方のチュンナカムとプーナリン地区に風力発電所を建設中。
 また、太陽光発電やLNGによる発電を拡大していく計画。太陽光発電では、10万家屋の屋根に太陽光パネルを設置、副収入取得を可能にする計画があり、大統領は、政府が一軒あたり80万ルピー(約48万円)の費用を負担すべきと述べた。
大統領はまた、必要なインセンティブを提供し、民間企業が直面する障害を取り除くよう政府が動くべきと強調。

政府は、中西部ラトゥナプラでの
「国際宝石・宝飾品取引所」の建設に
3.65億ルピー(約2.2億円)を承認。

宝石・宝飾品売買の双方の取引者が集まり、独立した品質検査や測定・銀行・輸出などのサービスを提供し、アジアの主要販売センターであるバンコクや香港のような施設をが計画。
・第1フェーズでは床面積1,500平方フィート 5階建施設を建設、第2フェーズでは隣接地に14階建施設を建設する計画。

政府は、外貨獲得に有望な国内栽培の
作物としてキトゥル(ヤシ)を
プランテーションの主要作物に指定、
「キトゥル開発委員会」の設立を承認。

Kida
Kida

以前に大統領が、キトゥルを
主要輸出作物にすると
ツイートしていました。
キトゥルの樹木から取れる
蜜が蜂蜜のようでおいしく、
甘味なのに血糖対策に良いとも
言われています。
【参考】8月28日のニュース

コングロマリット LOLCグループ
投資部門Brown Investments PLCを通じ、
HemasグループからSerendib Hotels PLC
の過半数の株式を
7.9億ルピー(約4.7億円)で取得。

Browns Investments PLC は、
スリランカ国内 4ホテルを取得。

Kida
Kida

観光が打撃を受けるなか、
ホテルやレジャーの売却が
今後も増えてきそうです。

Brown & Company PLC の一般貿易部門は、
マキタのリチウムイオンバッテリー
XGT 40V Max をスリランカ市場に投入。

同社とマキタの提携は1986年に開始、
マキタ製品のスリランカ唯一の代理店。

スリランカのポリティカルニュース

ランブクウェラ内閣報道官は、
政府は、ムスリムのコロナウィルス
犠牲者の遺体をモルディブに送る
とはまだ決定していないと述べた。

Kida
Kida

昨日 12月15日のニュース
ご紹介したこのニュース、
ツイッター上では「あり得ない」
と反対の声が続々。

コロンボ市街の最高裁判所で火災発生。

人生にはムダも必要、な情報(今日のムダ)

なんだこれ、見返したよ。。。

ストゥティ! (ありがとう!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました